へろへろもへじ

(ブログタイトル募集中)

2014年の振り返りを雑にまとめた

身の回りに起きた変化

子供が生まれた

最初は夜泣きで寝れなくてつらいとか思ってたけど、今はわりと慣れた。こんなに自分が子供をかわいがる姿を嫁も想像していなかったらしい。ってくらいにはかわいがっている。ただGAPでセールだからってベビー服を買い込むのは自重したい。

弊害として、自分のために使える時間は減った。例えば何か勉強するとして、時間をかけただけのペイはあるか、すぐに使えなくならないかとか、勉強する題材を慎重に選ぶようになった。タイムマネジメントに関してはまだまだ改善の余地大なので、世の子持ちエンジニアの方々にはその辺のアドバイスとか頂きたい。

転職した

経緯とかは退職エントリーをご参照。入社から一ヶ月半しか経っていないが、色々あった。色々あった。まぁ、スタートアップにリスクは付き物(それが嫌なら大手に行けって話)だろうし、ある程度の覚悟は決めていたから意外と今は冷静だし、逆にうまいことやれば今後ある程度好き放題できそうとかポジティブに考えている。幸いチームメンバーはみんな優秀だし、足を引っ張らないように頑張っていく所存。

あと、前職では外へのアウトプットに制限があったので、これを機に今後は外へのアウトプットは増やしていきたい。

それと、週2でリモートワークを実施しているが、今のところメリット優勢な感じ。


勉強したこと

大きなトピックだけ。

Fluentd

2014年、最初に勉強したのがFluentdだった。縁あって今の会社でもFluentdを触ることになったので、Fluentdに始まり、Fluentdに終わった感がある。Rubyに触れるきっかけも、gemをリリースするきっかけも、OSSにPRを出すきっかけも全てFluentdがくれた。今後も情報のキャッチアップはちゃんとして、まだ触ったことがない人には布教していきたい。(ちょっとエモい話っぽい)

Fluentdのコミッターの方々にはこの場を借りてお礼を致します、ありがとうございました!!そして今後のアップデートにも期待しております!

Ruby

Fluentdもそうだが、Rubyを採用しているプロダクトを使う機会が増えた。Fluentd、Chef、Itamae、VagrantCapistrano、Rakeとかその辺り。文法レベルだけでもスマートにかけたほうがいいよねってことで勉強し始めた。

初心者でも優しく受け入れてくれそう、かつ定期開催している勉強会を探して、@5704X3さん主催のpiyopiyo.rbに参加し始めたのが6月頃。暖かく受け入れて頂いて本当に感謝!!2015年のpiyopiyo.rbは参加者でpiyopiyo.rbのサイトを作るところからスタートすると思うので、RubyとかRailsとかGitHubを使ったチーム開発とかに興味のある方は参加するといいと思います。とか勝手に宣伝してみる。

渋谷Ruby会議#1にも参加させてもらった。来年はもう少し精力的にRuby界隈の勉強会に参加したり、Rubyistな人たちとコミュニケーションをとっていきたい。

Rails

言語覚えるのに手っ取り早いのは何かつくることだろうってことで、しょぼいWebアプリを作ってみた。一応外部には公開してみたけど、まだ到底見せれるレベルではなく、公にしていないので俺専用アプリになってる。今の会社はRailsを採用して開発してるけど、自分はAWSとかFluentdとかその辺りを整備中でまだアプリ側にコミットできていないのが現状。

AWS

というと、大分広いけど、一番時間をかけたのはRedshiftだろうと思う。来年はLambdaとECS辺りを勉強しようと思う。

Chef, Itamae

社内のChef vs Itamae戦争に破れ、今はChefを使っている。仲良くなってきた感はあるが、たまにChef、Berkshelfの闇に苛まれてつらい。2015年プロビジョニングツールデファクトにItamaeがなってくれないだろうか。@ryot_a_raiさん、@mizzyさんがRebuildに出演して、布教活動をしてくれれば少なくとも日本では流行るのではとか淡い期待をしている。


さいごに...

雑だけど、大体こんな感じだろうか。それでは皆様良いお年を!2015年もよろしくお願いしますm(__)m