へろへろもへじ

(ブログタイトル募集中)

リモートワークライフをより快適に送るために個人として取り入れている工夫 #remoteadvent

このエントリは「リモートワーク Advent Calendar 2015」16日目の記事です。

www.adventar.org

明日17日目はリモートワークを実践している企業として著名な、ソニックガーデン社の倉貫さんなので、前座として力量不足ではありますが、生暖かい目でお付き合い頂けますと幸いです...。

簡単な自己紹介など

私はピースオブケイクという、スタートアップが犇めく東京渋谷にある企業に勤務しているエンジニアです。業務ではcakesとnoteというサービスの運用をしていて、Ruby(Rails)でコードを書いたり、たまにAWS周りを見たりしています。

cakes.mu note.mu

ちなみに、同ビル内にはIncrementsさん、スクーさん、Crevoさんもいらっしゃいます。

ピースオブケイクには2015/3に入社し、家庭事情により3か月後の2015/6に神奈川県鎌倉市 -> 青森県大鰐町に引越しをし、以降社の方々の協力を得て自宅からリモートワークをしています。リモートワーク歴は約半年になります。

私の住まいは青森県大鰐町の中でもかなり外れの方に位置しておりまして、周囲は山川田畑ばかりで、夏には熊警報、猿警報が出たりします。近隣のコンビニ(Family Mart)までは、Google Mapによると徒歩54分だそうです。(実際に歩いたことはありませんw)

f:id:fukuiretu:20150625102138j:plain 仕事部屋から撮った風景

f:id:fukuiretu:20150604134531j:plain 家から徒歩5分くらいのところにある秘境

インターネットが繋がれば、このような環境でも仕事ができますし、Amazonもプライム会員かつプライム対象の商品であれば次の日には届けてくれます。インターネットとAmazon素晴らしいですね。

前置きが少し長くなってしまいましたが、今回は、たまたまTwitter@jnchitoさんがアドベントカレンダーの参加者を募集しているのを見かけて脊髄反射で登録しました。当初はチーム(会社)としてリモートワークをどう実践しているか等の知見を公開しようと思っていたのですが、チーム(会社)としての 知見はまだまだこれからというところなので、こちらに関してはまた別の機会にすることにして、今回は個人として取り入れている工夫(アイディア)を紹介したいと思います。

取り入れている工夫

自制心を保つための工夫

通勤時とルーチンや習慣を極力変えないようにする

ON/OFFの減り張りをつけたいというところが大きな目的で、具体的に以下は特に気をつけています。

  • 起床時間
  • 身だしなみ(体調不良の時はラフな時もありますが...)
  • 犬の散歩
タスク管理とポモドーロ

ポモドーロとは、短時間の集中作業を繰り返すことで、仕事を成し遂げる ためのテクニックです。具体的には、

  1. タスクを選ぶ
  2. 25分作業する
  3. 5分休憩する
  4. 1 ~ 2を3, 4回繰り返したら長めの休憩(15分程度)を取る

というサイクルを繰り返し行います。

私はTodoistTomightyというツールを利用して実施しています。

その間、色々なツールを思考錯誤して今に至りますが、ツールを選定したポイントは、シンプルなデザインと操作性です。ご参考までに、ツール選定の際に参考にさせて頂いた記事のリンクも合わせて紹介します。

motemen.hatenablog.com tbpgr.hatenablog.com

作業の流れとしては、

  1. Todistにタスクを登録する
  2. Todistのタスクリストから作業するタスクを選択
  3. Tomightyを起動しポモドーロ開始
  4. タイマーが鳴ったら(25分経過したら)、強制的に5分休憩する
  5. タスクが完了するまで3. ~ 4.を繰り返し、完了したらTodistのタスクに完了のチェックをつける

といった感じです。ちなみにこの記事も上記手順に沿って書いています。

ただまだまだ改善の余地があると思っていて、例えばSlackからある程度操作できて、雑にどこかにまとめておいて後から見返せる仕組みが欲しいなと考えています。まだふわっとですが、

  • Todistが提供しているAPIをSlackからBot経由で叩けるようにして、操作する
  • ポモドーロをBotに管理させる(start, breakの起動と指定日に何回実施したかを参照できるetc)
  • これらを日時でいい感じに(タスク毎に何回のポモドーロで完了できたかetc)自動でまとめてどこか(qiita, esa, google spleadseetなど)にstoreする

をやってみようかと考えていますので、いい感じに仕上がりましたらブログで公開しようと思います。

運動不足を解消するための工夫

大半のリモートワーカーが悩まされる悩みかと思いますが、私も例外ではなく、運動不足だけが原因ではないですが、この半年間で約3kg程太ってしまいました。。。

ながらエアロバイク

通勤していた頃は、往復で毎日40分は歩いていたのですが、それが0になったことで慢性的な運動不足になりました。そこで8月くらいから毎日30分程、アニメを鑑賞しながらエアロバイクを漕いでいます。 ながらでエアロバイクを始めたのは、Rebuild: Aftershow 102: About Time To Kill iTunes (masuidrive)@masuidriveさんが エアロバイクを漕ぎながらコードを書いている というような話をしていたことがきっかけで、実際に試してみたところ、仕事中の気分転換にもなって一石二鳥であることがわかり、それ以来継続しています。 スタンドデスクを持っていないので、間に合わせで家に余っていたカラーボックスで代用していますが思いの外いい感じです。

f:id:fukuiretu:20151214144629j:plain エアロバイク + カラーボックス + MacBookPro

参考までに、使っているエアロバイクはこちらになります。

www.amazon.co.jp

寂しさを埋めるための工夫

ラジオ収録

家族以外と話しをする機会が激減し、たまに寂しくなる時があります。 ラジオ収録のきっかけは私の寂しさを埋めるためというわけではなかったのですが、自社のメンバー3人で定期的にラジオの収録をし、自社サービスのnoteで公開しています。仕事に関係のないたわいのない話ばかりですが、私の中で精神安定剤的な役割を担っています。 軽い宣伝になってしまいますが、noteでは音声ファイルを簡単にインターネット上に公開(サウンドノートという機能)することができます。私たちのラジオは無料で公開していますが、有料販売することも可能ですので、よろしければ使ってみてください。 ちなみに録音は、appear.in – one click video conversationsビデオチャットしつつ、iPhoneのボイスメモで録音するという方法を取っていますが、割と綺麗に取れます。

そういえば少し前に、ソニックガーデンさんで「社長ラジオ」という取り組みをしているという記事が公開されていました。記事中に "口頭で伝えることでふわっとしたニュアンスも伝えられるのがとても良かったのです。" とあり、なるほど!と腑に落ちたと同時に、趣旨は違えど、実際に声に出して話をすることの良さを改めて実感しました。

kuranuki.sonicgarden.jp

分報でぼやく

最近流行りの分報ですね。ご存じない方は以下のクラフトマンソフトウェアさんの記事をご参照いただければと。

c16e.com

分報channelは基本は作業ログの掃き溜め場として利用していますが、ぼやきの場としても利用しています。分報channelにはBotも常駐させているので、ツッコミが欲しい時はBotに話しかけたりしていますw

f:id:fukuiretu:20151215135859p:plain Botのkyokoさんにぼやいている例

ちなみにBot@r7kamuraさん作のr7kamura/ruboty · GitHubを利用しています。 Botとの会話は、こちらも@r7kamuraさん作のr7kamura/ruboty-talk · GitHubというプラグインを利用することで実現していて、内部的にはdocomoの雑談APIを利用する仕組みになっています。詳細は以下の記事をご参照ください。

qiita.com

おわりに

特にこれからリモートワークを始める方、リモートワークをしていないけど興味のある方に少しでも参考になれば幸いです。

また、今後リモートワークをしている方や興味のある方同士で情報交換しつつコミュニティを形成していけたらいいなと思っております。もし興味のある方がいらっしゃいましたらご連絡頂けますと嬉しいです。(Slackのチームとか既にあったりするんでしょうかね?)

最後に、弊社ではエンジニア・デザイナーを募集しておりますので、リモートワークはもちろんコンテンツ・メディア事業に興味のある方は是非Wantedlyからご応募ください!

www.wantedly.com